FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の畑中(創作以外の活動がメインでした)

こんばんは。畑中です。

近況ってほどではないのですが、
創作以外の趣味で大会がありましてそれが一段落しました。
(一応全国規模の大会です)


所属しているチームがそこそこに上位クラスにおりまして、
正直私の実力では厳しいのですが人員の都合で選手として参加しています。

チームの皆も「勝ち負けは気にしなくていいよ」言ってくれていますが、
末席といえども選手として参加できること誇らしく思っています。

だからやっぱり勝ちたいんです。
「参加することに意義がある」とよく言いますが本当の意味で参加したいんです。

なのでここ最近の時間はトレーニングに全てを割きました。
出勤前、昼食休憩、電車での移動時間、帰宅後のほとんどの時間。
内容は基礎訓練、戦法・戦術の確認、そして実戦の繰り返し繰り返し。

そして大会当日。
前日までに出来るだけのことはやりました。
戦法に至っては暗唱できるぐらいまでやりこんだ自負があります。

開会式が終わり一回戦の相手と対面。
一回戦の相手は事前に通知されており知っていました。
全国レベルでの強豪です。
ちなみに何冊もの著書を世に出していているような方です(私も何冊か持っていますw)。

開始の礼を交わし試合が始まりました。
両者同じ戦型で最初こそ拮抗しましたが、
相手から仕掛けられ均衡が崩れると粘ろうとしても踏み止まることが出来ませんでした。
終わってみれば相手が崩れることもなくワンサイドゲームに。

圧倒的な力量の差に試合後に反省点すら見いだすことが出来ず。
全ての動きが駄目と言われているようで、えも言われぬ虚無感に襲われました。

とはいえ大会の規定で2敗失格ですのでもう負けることはできません。
気持ちを切り替えて次の会場へ。

相手の方もすぐに来られて礼を交わして早速試合が始まりました。

こちらの戦型を見て相手も即座に陣形を変えてきます。
流行の形できちんと戦術を理解されている方でした。

ただこちらも研究していた形で先制攻撃を仕掛け一本とった形になりました。

望外の戦果です。
「これはいける!」と思いました。
一方で「油断はせず慎重に!」とも思っていました。

――ですが、そう思ったのがまずかったのかもしれません。

こちらの動きが急に固くなり、相手の逆転を許してしまいました。

その後も一進一退の攻防を繰り広げられ、
相手に勢いが傾きかけても自陣に手を入れて粘りました。
一縷の思いを託して細い攻めで敵陣に迫りますが、
こちら陣地が先に崩壊し一歩及ばず試合は終了。

こうして2敗失格となり私にとっての大会は幕を閉じました。

努力したことが実らないこともある。
それが現実です。

とても悲しいです。
とても悔しいです。
とてもつらいです。

それでも胸を張ろうと思います。

でないと冒頭にある自分自身の気持ちを否定することになるので。
そしてこの経験を活かすためにも。

……と、創作との関係は薄いのですがここでの経験や感情がいつか創作にも役立つかと思い書いてみました。
また一旦は区切りがついたので来月以降は創作活動に注力していきたいと思います!



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。