FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

進捗報告

こんばんは。畑中です。

3月です、年度末です。仕事が忙しいです。
というか計画立ててやっていないからなんですが。

通勤、帰宅の途中で卒業生らしき若人を目にします。
みんな友人と一緒です。

この年になると学生時代の友人とも疎遠になり、
皆どうしてるかなぁとふと思います。

結婚したり、子供を授かったり。
仕事で成功したり、失敗したり。

畑中は大学時代に色々と失敗しています。
特に友人関係。

ちょっと仲が良い程度の友人は多かったです。
一緒の講義を受けて、お互いピンチのテストで協力したりとか。
講義の後で一緒にメシくって麻雀して、たまには将来の話なんかもしたかもしれない。

端から見たら多分よくある(ときには理想の)友人関係だと思います。
でもそれから十数年後、彼、彼女たちの誰とも今は交わることはなく。

別に悲しいとは思いません。
社会に出ると時間はリソースの一つとなり、最大限有効に使わなければいけないのだから。
それは畑中にも言えることですし。

ただ本当に大好きだった友人は畑中が自身の手で手放してしまいました。
色々と心配しているフリして価値観を押しつけました。
自分の方が優れていると暗に思っていました。その証明をするためその友人に依存しました。

「もし」を無想しても詮無いことですが、
その友人と今もつながっているなら時間はもはやリソースではなかったかもしれません。

物語を創っていると友人関係というのは必ず出てきます。
そのとき「こうなったら良いな」、「こうすれば良かったな」とか思いながら描くときがあります。

それはただ自己満足です。贖罪だなんて言うつもりはありません。
だけど積み上げた先に違う何かに昇華できたら、そう畑中は心から願うのです。

……3月はなんかしんみりした文章になってしまいますね。
(去年もそんな感じだった気がします)

さて物語の方ですがやはり低速ですが進んでいます。
「前回も同じこといってるやんけ!」と言われそうなので文字数を数えてみました。

大体……2万字ということですか……ね。
文庫本1冊が8~10万字ということなのでまだ道のりは長いです(涙)

とは言え今までと同様に「歩みは遅くとも進むことを止めない」をモットーに頑張ります!

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。